2016.10.30 村上春樹 H.C.アンデルセン文学賞を受賞

  • 2016.11.08 Tuesday
  • 03:02

 

こんにちは

 

先日、木枯らし一号が吹いたばかりと思っていたら、北海道は札幌からなんと積雪23センチで、朝から雪かきだって便りが届きました! もう晩秋を通り越して冬の様相を呈してきました。

 

お元気ですか? 

 

 最近はTVをつけると直ぐに言い返したくなるような、そんなニュースばかりですが(こんなこと言ってるの、それがしだけかも知れませんが )、今日は、こちらデンマークからいい知らせですね、村上春樹が「アンデルセン文学賞」をいただいたそうです … 最近は藤沢でうなぎ食べてないのかなぁ〜、なんてぼんやりと思っていたら、やっぱり? ところがどっこいヨーロッパにいたんですね〜!

まずは、おめでとうございます! 受賞の報を聞いて直ぐに思いました、タイトルからしてほんと村上春樹らしいと。

 

 

 

2016年10月31日付 毎日新聞

 

 

 

以下、記事全文です、

 

 

「壁築いても自分傷つけるだけ」

  村上春樹さんスピーチ

【オーデンセ共同】デンマークの「ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞」の今年の受賞者に選ばれた作家の村上春樹さん(67)は30日、童話作家アンデルセンの出身地、デンマーク・オーデンセでの授賞式に出席、英語のスピーチで「どれだけ高い壁を築き、厳しく部外者を排除し、自分たちに都合よく歴史を書き換えても、結局は自分を傷つけるだけだ」と語った。

 壁や部外者などの意味するところは明言しなかったが、欧州など世界各地で深刻化する難民・移民など「他者」への排斥感情や、歴史修正の動きに警鐘を鳴らしたとみられる。村上さんは「影の持つ意味」と題するスピーチで主人公の影がいつの間にか一人歩きを始め、恐ろしい結末につながるアンデルセンの作品「影」に触れ、「個人だけでなく全ての社会と国家には影があり、個人と同様、向き合わなければならない」と指摘。「向き合わなければいつか影はもっと強大になって戻ってくるだろう」と述べた。

 村上さんには賞金50万デンマーク㌛(約770万円)と、アンデルセンの作品にちなんで「醜いアヒルの子」の銅像も贈られた。同賞はアンデルセンが世界の作家に与えた影響をたたえる目的で2007年に創設された(以上、2016年10月31日付 毎日新聞より)。

 

がんばれ、村上春樹 !!!

 

 

p.s.,

i  コオロギさん、切り抜きありがとうございました。

 

ii   先日、某BSの海外ニュースで、アメリカは片田舎のおばちゃんがインタビューに

     答えていました。「 いつまでもワシントン中心の政治にうんざりしてるのよ! 」

     それがし、素直に納得しましたが、みなさんはいかがでしょうか?

 

iii  アンデルセンはアンデルセンでも、その昔、広島は紙屋町のアンデルセンを懐か

     しく思い出しました。

 

 

ではでは。

 

今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

まっ赤なモミジに気をつけながら、車は安全第一でお願いします。

 

 

 

 

2016年11月1日(火) 鬼が笑ってる ??!! 〜 今日から霜月です

  • 2016.11.01 Tuesday
  • 00:00

 

こんにちは

 

いきなり、鬼が笑ってる ?! なんてね、失礼しました。

そこで質問ですが、有元利夫ってご存知ですか?

このひとの絵をみていると … いつもイタリアの片田舎にある古びた教会の中庭を、ひとり静かに散策しているような … そんな気分になります。自然と気持ちがゆったりとしてきてみょ〜に落ちつきます(あっ、イタリアは行ったことないですが )。そして有元利夫を知ったのは、こちら寺神戸亮の数々のCDがきっかけでした。

 

 

 

 

ハイドン 弦楽四重奏曲 クイケン四重奏団 1995年

 

 

 

 

モーツァルト 弦楽四重奏曲 クイケン四重奏団 1991年

 

 

 

 

ビーバー ヴァイオリン・ソナタ 寺神戸亮ほか 1994年

 

 

 

 

C.P.E.バッハ ヴァイオリン・ソナタ 寺神戸亮ほか 1998年

 

 

 

コレッリ ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集 寺神戸亮ほか 1994年

 

 

 

テレマン 無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジア 寺神戸亮 2010年

 

 

 

J.S.バッハ ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ 寺神戸亮ほか 1996年

 

 

 

 

 

はい! 遅くなりましたが、こちらが鬼を笑わせた?主です。

それは「有元利夫カレンダー 2017年版」です。 

どうです、雰囲気あるでしょ!

 

 

 

TOSHIO ARIMOTO CALENDAR 2017                                                                 新潮社

有元利夫カレンダー

表紙 レクイエム(部分)1976年

 

 

 

 

 

部屋の遊戯 1976年 

大きさはちょっと小さめで、タテ25cm ヨコ16cmです。   

 

 

 

 

そしてこちらは、今年、2016年版です。

ご参考までに、この一年間どんな物語があったのかご覧ください。

 

 

 

 

表紙 オラトリオ(部分)1976年

 

 

 

 

 

☆IMG_8459☆c 雲.jpg

 

 

雲 1979年

 

 

 

 

 

☆IMG_8460☆c 蒼枯.jpg

 

 

蒼枯 1975年

 

 

 

 

 

☆IMG_8461☆c からくり.jpg

 

 

からくり 1977年

 

 

 

 

 

☆IMG_8462☆c 木霊.jpg

 

 

木霊 1977年

 

 

 

 

 

☆IMG_8463☆c 静かな食卓.jpg

 

 

静かな食卓 1979年

 

 

 

 

 

☆IMG_8464☆c 1人の芝居.jpg

 

 

1人の芝居 1980年

 

 

 

 

 

☆IMG_8465☆c 多島海の神.jpg

 

 

多島海の神1973年

 

 

 

 

 

☆IMG_8466☆c 2枚の空.jpg

 

 

2枚の空 1978年

 

 

 

 

 

☆IMG_8467☆c アルルカン.jpg

 

 

アルルカン 1977年

 

 

 

 

 

☆IMG_8468☆c 夜の手品師.jpg

 

 

夜の手品師 1976年

 

 

 

 

 

☆IMG_8469☆c 海のある部屋.jpg

 

 

海のある部屋 1978年

 

 

 

 

 

☆IMG_8470☆c 舞踊.jpg

 

 

舞踊 1979年

 

 

 

 

さて、前置きが長くなり失礼しました。 

いつも言いますが、早いですね月日の経つのがほんと早すぎる!

これだから? 物忘れが激しくなるわけだ ??!! … m.(__).m 

 

お元気ですか?

 

今日から霜月です、カレンダーがペラペラです、二枚になりました。

そのわりには暖かいですかね?

 

 

 

シジュウカラ 全長14.5cm

ほぼ全国で通年みることのできる代表的な「カラ類」(シジュウカラなどの仲間)です。スズメと同じくらいの大きさで、山地の森から市街地の植え込みまで樹木のある場所に広く生息する最も身近な野鳥のひとつと言えるでしょう。あまり人を恐れないのでじっくりと観察する機会もあります。樹上で昆虫やクモ類などを捕食し、秋冬には地上に落ちた草木の種子などを食べることもあります(日本野鳥の会・卓上カレンダーより)。

 

 

壁のカレンダーには、バードウォッチングウィーク・11/1〜7 文化の日 初雪(函館) 星を見る会・秋の星を見よう 安岡章太郎展記念対談 立冬 星空教室・月齢13の月と天王星 横浜狂言堂・清水、萩大名 七五三 カエデ紅葉(仙台) コオロギさんリハーサル 小雪 勤労感謝の日 安岡章太郎展記念講演会 初雪(仙台) カエデ紅葉(福岡) などの文字が記されています。

 

 

p.s.,

i 先日、こちらのチケットを手に入れました!

    今から楽しみです。

 

 

 

 

 

ii 久しぶりの神尾真由子さん、いい音だしていました! 

     コオロギさん、お疲れさまでした。

    

 

 

 

今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

冬将軍はそこまできているようです、体調管理に気をつけましょう!

あと、車は安全第一でお願いします。

 

 

 

2016.10.8 シリア空爆、止められぬ国連 ロシア、拒否権行使の構え

  • 2016.10.08 Saturday
  • 18:18

 

こんにちは

 

早速ですが、連日報道されているシリア空爆に関して、先ほどの朝日新聞デジタルは、ロシア、拒否権行使の構えと伝えています。

 

まったく困ったもんです !!!

 

 

 

 

シリア空爆、止められぬ国連 ロシア、拒否権行使の構え

 

朝日新聞DIGITAL ニューヨーク= 杉崎慎弥 2016年10月8日15時36分

 

 

 悪化するシリア情勢を受け、国連安全保障理事会は7日、緊急会合でフランスなどが提案する決議案について協議した。決議案は、即時停戦やアレッポ上空での軍用機の飛行禁止などを求める内容で、8日午後に採決される見通し。だが、ロシアは拒否権を行使する構えを見せており、シリア情勢の打開策が見いだせない状況が続きそうだ。

 

安保理議長国であるロシアのチュルキン大使は会合後の会見で、「フランス案は急ごしらえで、進展をもたらす内容ではない。(飛行禁止で)常任理事国の活動を制限することを安保理に求めるというのは前代未聞だ」などと批判した。また、多数の民間人の犠牲が出ているアレッポの状況を打開する必要があるとの認識を示しつつも、「真の目的はロシアの拒否権を引き出すためとの疑念を持たせる」と述べた。 

 

AFP通信によると、ロシアは8日の安保理会合で、空爆停止の具体的な方策には触れずに、停戦を呼びかける対案の採択を求めるという。

 

一方、フランスの代表は安保理の多くの理事国から決議案に支持が集まっていると説明。「アレッポではこうしている間にも繰り返し爆撃が行われ、民間人が犠牲になっている。もはや一刻の猶予もない」とフランス案に理解を求めた。

 

シリアでは、米ロが仲介したアサド政権軍と反体制派との停戦が先月12日に発効したが、政権軍側がその後もアレッポで大規模な空爆を続け、停戦合意は失敗に終わっている。反体制派のNGOによると、400人以上の民間人が犠牲になったといい、国連のデミストゥラ・シリア担当特使は6日の会見で、「2カ月から2カ月半で都市が完全に破壊され、民間人数千人が殺される」と警告している。

(ニューヨーク= 杉崎慎弥)

 

 

ではでは。

 

 

 

2016年10月1日(土) いわし雲、釣れなかった ?? 〜 今日から神無月です

  • 2016.10.01 Saturday
  • 00:00

 

こんにちは 

 

 またまた、いわしの話しで恐縮です。先日、ご覧のように時間帯は良かったみたいですが、潮目ならぬ雲目?が悪かったようで (これがほんとの、雲行きが悪かった ?!) 残念ながらいわしは釣れませんでした ?! でもこちら、ちょっと無理をしてもらうと? どうですか? ちょっとピンボケですが、きんめに見えませんかね〜 ??!!  はい、食いしん坊はなんでも食べ物に見えてしまうようで …  次に期待しましょう !!!  

 

 

 

2016年9月27日 17:40

 

 

 

 

お元気ですか?

 

それがし、きちんと挨拶する間もなく、この夏は(も)過ぎ去ってしまいました。

なんとも心残りであります。

「さよなら夏の日」  … 夕方がどんどんと早く来るようで寂しいです。

まだ、秋ど真ん中というには早い気もしますが、今から紅葉が楽しみですね。

今日から神無月です。

 

 

この秋にむかって今が旬です !!!

 ベンジャミン・フリスのメンデルスゾーン 「夏の名残のバラによる幻想曲」

この一打一打しっかりとした音とゆっくり感 ?! このトラックだけで9分間もあります。

風呂に入ってるときに掛け流していますが、まさに今の季節にぴったりです。

それがし、自信をもってお薦めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハシボソガラス 全長 50cm

九州以北のおもに平野部に通年生息する代表的なカラスの一種です。都市などではハシブトガラスとともに見られることも多いですが、田園地帯や農耕地ではこのハシボソガラスが多く観察されます。ハシブトガラスより少し小さく、その名の通り嘴がやや細身です。ゴミもあさる雑食性ではありますが、ハシブトガラスと比べると木の実や草の実など植物質のものを好む傾向があります(日本野鳥の会・卓上カレンダーより)。

 

 

壁のカレンダーには、佐藤優・講演 LOHACO ・am 寒露 もみじ坂星空教室・月齢7の月と海王星 横浜狂言堂・文荷、舟渡聟 体育の日 星を見る会・「後の月」のお月見をしよう MOTOGP ・日本GP 土用 霜降 神尾真由子・デュオ カエデ紅葉(函館) などの文字が記されています。 

 

 

 

 

p.s.,

今月の楽しみは、こちらの二題です。

 

i 佐藤優・講演・地殻変動を迎える世界情勢 … 今回も全録音の予定です。

そして、後日、こちらにせっせと書き込みます。

頑張るぞー !!!

はい、コオロギさんと帰り道の赤ちょうちんも楽しみです。

 

 

 

軍学堂サイトより

 

 

 

ii 神尾真由子&M.クルティシェフ デュオ・リサイタル

 

 

 

よこすか芸術劇場サイトより

 

 

そして、こちらは日経電子版・2016年6月18日付のサイトですが、ここでブラームスのバイオリンソナタについて…最近バイオリンをカッパに替えたこと…また、尊敬するヤッシャ・ハイフェッツについてなど、約6分間、いろいろと具体的に語っています。 

興味のある方はどうぞ飛んでみてください。

 

バイオリニストの神尾真由子さん 協奏とデュオと無伴奏を語る

 

 

 

 

… ではでは。

 

今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

車の運転はどうか安全第一でお願いします。

 

 

 

2016年9月11日 いわし雲、逃げた ??

  • 2016.09.12 Monday
  • 04:57

 

こんにちは

 

秋ですねぇ〜、すっかり涼しくなりました。

本日、うちは給湯温度を1度上げて39度にしました。

 

お元気ですか?

 

 

 先日のこと、こんなにたくさんのいわし雲がいたんですが … いかんせん日没まで優に2時間はあったので我が家のベランダに …  やがても蜜柑(みかん)の如き夕陽、欄干にこぼれたり(中原中也) このころには、当然 !!  いわしの大群は銚子沖へ ?!  消え去ってしまい残念ながら夕陽のなかでの大漁とはいきませんでした。

 

 

 

 

2016年9月9日 15:47

 

 

 

 

p.s.,

先日、こちらはコオロギさんからのスクラップを見つけました。

コオロギさん、ありがとうございました。

中村紘子さんは、ピアノひとすじに生き抜いた方と思っています。

寂しいです。

合掌

 

2016年(平成28年)8月2日付 毎日新聞

 

 

 

寄稿 平野 昭(音楽評論家) 

 

夢与えた華麗な姿

中村紘子さんを悼む

 

 中村紘子さんのあまりにも早い死は、72歳の誕生日の翌日に訪れた。大腸がんであることを昨年公表し、治療のための休止期もあったが、演奏活動は続けていた。復帰や再起といった影を微塵も見せないステージ上の華麗な姿から醸し出される高貴な香りは、ひょっとして半世紀以上も前のデビューの頃に受けた感じと同じではないだろうか。

 

 ピアニスト中村紘子のデビューの衝撃は、安川加寿子や田中希代子とは全く異なる次元の出来事であった。「子供のための音楽教室」1期生として共に学んでいた年長の小澤征爾がブザンソン国際指揮コンクールを制した1959年、慶応義塾中等部在学中の中村紘子は日本音楽コンクールにおいて、史上最年少の15歳で1位・特賞を得た。この二つのニュースは大きな話題となり、同年4月の皇太子殿下と美智子さまご成婚を機に普及し始めていたテレビでも取り上げられた。

 加速度を増した高度経済成長期のただ中にあった65年、ショパン国際コンクールで4位入賞(日本人としては55年の田中希代子以来2人目)。この快挙は、すでに広く普及していたテレビによって報じられ、中村紘子という「ピアニスト」を瞬時に日本全国へ印象付ける。経済成長はアップライトピアノの家庭への驚異的普及をもたらし、全国いたるところにピアノ教室が開設され、多くの子供たちが「ピアニスト=中村紘子」を夢見ながらレッスンに通う時代を招来した。

 文筆にも長けた中村紘子の著作「チャイコフスキー・コンクール─━ピアニストが聴く現代」や「ピアニストという蛮族がいる」には、多くの国際コンクールで審査員を歴任した体験に基づく音楽論、文明論が展開され、ノンフィクションとして高く評価されている。

 

 彼女が世界から学んだ知識と、世界を見る目をもって取り組んできた近年の音楽教育活動にも、目を向けなければならない。今や「世界のハママツ」と呼ばれるほど優れた奏者を輩出している浜松国際ピアノコンクールの審査委員長を5期(第3〜7回

)にわたって務め、このコンクールを世界的な権威にまで高めたのも、中村紘子の若手育成にかける情熱であった。

 96年からほぼ毎年開催されている浜松国際ピアノアカデミー音楽監督としての実績も、あわせて称えられなければならないだろう。厳選された24人の受講生は10日間にわたってさまざまな形のレッスンを受け、最終日のアカデミーコンクールでの仕上げに臨むというシステムで、若く優れた才能が多数発掘されている。第20回をしるした本年3月、いつもと変わらぬ元気な姿で公開レッスンや講評をしていた中村紘子は、もういない。

 紘子さん、あなたの弾くブリリアントでアパッショナート(熱情的)なピアノの響きと、永遠の少女のような笑顔は、いつまでも皆の心の中で生き続けています。

合掌。(ひらの・あきら)

 

ピアニストの中村紘子さんは7月26日死去、72歳。 

 

 

 

ではでは。

 

今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

車の運転は、どうか安全第一でお願いします!

 

 

 

2016年9月1日(木) いわし雲が恋しい! 今日から長月です

  • 2016.09.01 Thursday
  • 00:00

 

こんにちは

 

 台 風10号は足早に去っていきましたが、こちらも早いですね、もう長月です。

今日あたり吹き來る風は秋を思わせるのにじゅうぶんでした。しばらく前から、夕方近くになると西の空をちらちらと眺めています。はい、いわし雲を撮りたくて … 未だに現れず、やきもきしています … なんて言いながら、ちょっと楽しいですが。

 

お元気ですか?

 

 

 

 

カワセミ 全長17cm

美しく鮮やかな色彩や、水中にダイナミックに飛び込んで魚を捕える生態がよく知られている鳥です。大都市の公園の池などでもよく観察され、今では身近な野鳥のひとつと言って差し支えありませんが、高度経済成長期の1960年代には都市部から姿を消した経緯があります。その後、公害対策が進み各地で水質が改善され魚も棲めるようになったことでカワセミも戻ってきたのです(日本野鳥の会・卓上カレンダーより)。

 

 

 

壁のカレンダーには、宇都木JBLコンサート供’鯱 星空教室・月齢9の月と夏の星 狂言堂・柿山伏、蚊相撲 十五夜 敬老の日 彼岸 動物愛護週間 秋分の日 などの文字が記されています。

 

 

p.s.,

こちらは10月の開催ですが参加するのは三度目です。今回はいったいどんな話しが聞けるのか楽しみです。またここへ書き込みますので、乞うご期待 !!!

 

 

 

 

ではでは。

 

今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

どうか車の運転は安全第一でお願いします。

 

 

 

2016.8.15 この日は71回目の 「終戦の日」 でした、今頃になって ・・・。

  • 2016.08.23 Tuesday
  • 18:13

 

こんにちは

 

先週のこと?台風6号が北海道を直撃か?って、ほんと耳を疑ってしまいました。その後、この台風は温帯低気圧になってから消滅しましたが、しかし、今までなかったことではありませんが、関東をスルーして、直接、北海道へ行くとはヘンな気候(地球環境)になってきましたね。

 

お元気ですか?

 

 

 

 

 

文芸春秋オピニオン 2016年の論点100 ( 平成28年1月1日発行 )

 

 

 

 

今年も「終戦の日」がやって来ました。

そこで、今年の1月に紹介した 「文藝春秋オピニオン 2016年の論点100」 にて佐藤優氏が国際情勢について論じているのが、こちら(全文)です。

それがしの個人的な感想ですが、とても分かりやすくて、いいなと感じています。また、論点についても、そこそこに共感が持てると思っています(あくまでも個人的にということですが)。少々長いですが興味がありましたら、ご一読ください。

 

 

 

 

 

21世紀の国際関係

異なるパラダイムが同時進行

激変する国際秩序を読み解く

 

 

 国際情勢を整合的に理解することが日に日に難しくなっている。新聞、テレビあるいはインターネットを通じて個々の出来事については正確な情報を容易に入手することができる。しかし、相互の関係がどうなっているかを読み解くことが難しい。それは、国際秩序の構造が急速に変化しているからだ。しかも異なるパラダイム(位相)の出来事が同時に進行している。

 

まず、ヒト、モノ、カネの移動が自由になるグローバリズムが影響を強めている。2015年10月5日、TPP(環太平洋経済連携協定)交渉に参加する日米など12ヵ国が閣僚会合後に共同記者会見を行い、大筋合意に達したと表明した。〈全31の分野をカバーする大型の通商協定の締結で工業品の関税は99.9%が撤廃され、知的財産権や環境保護まで幅広いルールが整備される。アジア太平洋地域のヒトやモノの移動が活発になり、長い目でみた地域の成長や安定につながる。5年半に及ぶ交渉が決着し、人口約8億人、世界の国内総生産(GDP)の4割近くを占める最大の自由貿易圏が誕生する〉(2015年10月6日、「日本経済新聞」電子版)

 

このニュースに注目すると、ヒト、モノ、カネの動きが自由になるポストモダン的なグローバリゼーションが進行しているように思える。しかし、尖閣諸島をめぐる係争で日中、慰安婦問題で日韓の国家間関係が緊張している。これは主権国家を前提とするモダンな現象だ。さらに米海兵隊普天間基地の移設に伴い辺野古(沖縄県名護市)に新基地を建設することをめぐって、日本の中央政府と沖縄県の関係がかつてなく緊張している。

 

2015年9月21日夕刻(現地時間、日本時間同22日未明)、スイス・ジュネーブで開かれた国連人権理事会総会において翁長雄志県知事が演説を行い、〈「沖縄の人々は自己決定権や人権をないがしろにされている」と訴えた。/翁長知事は昨年の県知事選や名護市長選、衆院選など県内主要選挙では辺野古新基地建設に反対する候補が勝利したことに触れ「私はあらゆる手段を使い新基地建設を止める覚悟だ」と述べ、建設を阻止する決意を表明した〉(9月22日、「琉球新報」電子版)。民族自決権の前提とされる自己決定権は、まさにモダンな主張だ。これは日本に特有の現象ではない。

 

今世紀になって、ロンドンの金融街シティーを中心に英国は、グローバリゼーションの機関車となった。しかし、それと同時にスコットランドでは英国からの分離独立運動が深刻になった。2014年9月18日の独立の是非を問うスコットランドの住民投票では、独立支持が44.7%、残留支持が55.3%で、国家分裂は回避されたが、2015年5月7日に行われた英国下院選挙では、スコットランドに割り当てられた59議席中、56議席を独立派のスコットランド国民党が獲得し、英国は深刻な国家統合の危機に直面している。

 

こう見ると、沖縄やスコットランドでは国民国家(ネーション・ステート)の形成に向けたナショナリズムという近代的な現象が強化されているように見える。TPPと沖縄問題、英国経済のグローバル化とスコットランド独立問題では、国家の壁を低くすることと国家の壁を高くすることという別のベクトルを志向する出来事が同時進行している。

 

 

シリア危機と「グレート:ゲーム」

 

シリア危機に関連して難民問題が深刻になっている。これもヒトの移動が自由になるというグローバリゼーションが進まなければ、シリア難民は中東地域に留まることになり、西ヨーロッパに大量に流失し、さらに米州大陸諸国がこれらの難民を受け入れるという事態も生じなかった。

 

このような大量の難民が発生している原因は、「アラブの春」が失敗したからだ。アラブ諸国に欧米基準での民主主義というモダンな思想を導入すると言うこと自体が無理だったのだ。「アラブの春」によってシリアのアサド大統領体制のような特定の部族によってのみ統治される政府が極度に弱体化した隙間に、イスラム原理主義過激派が流入し、国家が破綻してしまった。その結果、アサド政府軍、反アサド政権の武装組織「自由シリア軍」過激派組織「イスラム国」(IS)が、三つ巴で殺し合いを行うようになった。このまま国に留まっていても、虐待され、殺される可能性も排除されないということになったので、人々は逃げ出し、難民になった。

 

日本政府は、中東は距離的に遠いので経済的に難民支援を行うだけで義務を果たすことができると考えているようだが、それは通用しない。なぜなら、〈人間の安全保障に限らず、人権や、人道規範の浸透は各国の外交政策に強い影響を及ぼす。なぜなら

、難民ガバナンスへの貢献の態度を内外に示すことは国家にとって自国の評判の失墜により国際的な信用を失うという事態を避けることになり利益につながる〉(中山裕美『難民問題のグローバル・ガバナンス』東信堂)からだ。日本も欧米諸国と共通のモダンな価値観に立って「アラブの春」を歓迎した。また、米国を中心とする有志連合によるシリア領内のIS支配地域に対する空爆を日本も支持し、難民支援を含む人道面での協力を約束した。

 

日本政府が難民認定でもたついていると、欧米のNGO、NPOが日本経由で中南米諸国に渡る航空券をシリア難民に渡し、成田空港の国際線トランジットエリアに日本入国を求めて滞留することを勧めるような事態が生じかねない。成田空港に滞留するシリア難民の数が300〜500人に膨れ上がり、その様子がCNNやBBCによって報じらるようになれば、国際圧力が急速に強まり、日本政府はシリア難民の受け入れを余儀なくされる。

 

マスメディアやインターネットを通じた情報が短時間で国際世論に影響を与え、国境を越えて国家に影響を与えるというのは、ポストモダンな現象だ。

 

これに対して、ロシアは、19世紀初頭から20世紀の帝国主義を髣髴とさせるような直接的な軍事介入というモダンな手法でシリア問題に対処している。特に深刻なのはロシアがシリア軍に最新の近距離対空防御システム(高射ミサイル砲複合)「パンツィ

ーリ(ロシア語で鎧を意味する)SI(NATOコードネームでは、SA−22グレイハウンド)」を供与したことだ。この兵器は、有人、無人を問わず固定翼機、回転翼機、精密誘導爆弾や巡航ミサイル、弾道ミサイルをも迎撃することができる。航空目標だけではなく、軽装甲車両などの地上目標も撃破可能である。シリア兵がこのシステムを運営することはできないので、ロシア兵が実際には戦闘に従事している。ロシアによる軍事支援の結果、「イスラム国」と反政権の自由シリア軍による二正面作戦を強いられ、権力基盤が脆弱になっていたアサド政権が態勢を立て直しつつある。パンツィーリSIの配備によって、シリア軍は米軍の空爆に対抗することが可能にな

った。

 

ロシアがシリアへの介入を本格化させているもう一つの理由は、イランに対する牽制だ。イランはアサド政権に対する軍事的、経済的支援を強化することを通じ、シリアを事実上の保護国にしつつあった。そして、シリア経由でレバノンのシーア派民兵組織ヒズボラに対する梃子入れを強化していた。それだけではない。イランは、中東地域から米国の影響が減少してできる力の空白を最大限に利用し、帝国主義政策を展開している。そして、イエメンのフーシー派、バハレーンやイラクのシーア派に対する支援を強化してる。

 

イランが中東地域で影響力を拡大すると、その影響はコーカサス地域にも及び、ロシアの当該地域への影響力を低下させる。したがって、シリアに対する軍事支援を、イランよりも質量ともに圧倒的に増大することで、アサド政権を事実上のロシアの傀儡にすることにより、イランの中東における影響力拡大を牽制しようとしている。シリアでは、モダンな帝国主義的原理に基づいてロシアとイランの間でグレート・ゲームが展開されているのである。

 

 

 

投石の儀式が引き金に?

 

イランはプレモダンな原理も最大限に活用して、中東をはじめとするイスラム世界への影響力拡大を図っている。この点で注目されるのが2015年9月24日、サウジアラビアのメッカ(管理者注:イスラム圏ではマッカ)周辺のミナ(メナー)で、巡礼者が将棋倒しになった事件だ。〈少なくとも717人が死亡、805人以上がけがをした。サウジ当局が発表した。/現場はカーバ神殿などがあるメッカ中心部から約5キロ離れたミナと呼ばれる聖地の一つ。この日は年1回のハッジ(大巡礼)の3日目、犠牲祭の初日にあたり、世界中から多数の巡礼者が集まっていた。死傷者の多くは外国人とみられる。/ミナでは巡礼者が悪魔を現す柱に投石する儀式をする。巡礼の行事のなかで最も危険とされ、過去には数百から千人超の死者が出た年もあったという〉(2015年9月24日「朝日新聞デジタル」)過去にも例がある事故にもかかわらず、イランは激しい反応をしている。イランの最高指導者ハメネイ師は、10月1日までに、〈サウジアラビア西部のメッカ郊外で巡礼者ら700人以上が折重なるなどして死亡した事故について、遺体の帰国の遅れを非難するとともに、サウジに対し「

容赦なく厳しい」報復を行う用意があると述べた。/イラン国営プレステレビによれば、ハメネイ師は軍の学校で「サウジは義務を果たしていない」と述べたという。/またハメネイ師は「もし何らかの反応を見せることを決断するとすれば、われわれの反応は容赦なく厳しいものになるだろう」と発言したという〉(2015年10月1日、CNN日本語版ウェブサイト)。ハメネイ師が、サウジアラビアをこれだけ厳しく批判することは珍しい。

 

イランのロウハニ大統領は9月26日、ニューヨークで潘基文国連事務総長と会談し

、〈サウジアラビア西部メッカ近郊で大巡礼(ハッジ)に訪れた多数のイスラム教徒が折重なって倒れ死亡した事故について、不明者捜索などで他国との協力態勢が不十分だったとサウジ政府を批判した〉(2015年9月27日「共同通信」)後、国連滞在を短縮し、28日に帰国の途についた。イランで直接指揮を執って外交的にサウジアラビアを追い詰めるためだ。イランは「サウジアラビアは聖地を管理する意思も能力もない」ということを徹底的に宣伝し、シリア、イラク、イエメンなどでイランとつながるシーア派勢力の反サウジ感情を煽り立てている。

 

イランの狙いは、イスラム教の聖地であるメッカ、メディナの管理権をサウジアラビアから奪い取り、イランの国教である十二イマーム派のシーア派が獲得することだ。ミナ事件によってスンニ派とシーア派の宗派間対立が一層深刻化することになる。

 

 

視座の転換が重要

 

従来、国際関係は、主権国家を基本とする近代国際法、さらに自由、民主主義などの人権、資本主義の前提となる市場経済を基本的な分析道具とし、それらが形成する普遍的価値観から乖離する論理については、共産主義、ナチズム、ファシズム、権威主義などの特殊要因として扱うことで、理解することができた。しかし、モダン、ポストモダン、プレモダンというパラダイムを異にする事象が相互に、影響を与え合い、短期間にダイナミックに変化を引き起こす国際関係の現状分析、未来予測を行うことはほぼ不可能になっている。

 

ここで重要になるのは、視座の転換だ。比較的長期間にわたって変動する要素が少ない地理的制約条件が、人々の思考、行動様式に意図的もしくは無意識のうちに与える影響を重視することだ。地理には、イランならばペルシア帝国、ロシアならばビザンツ(東ローマ)帝国の継承者としての「第三のローマ」、沖縄ならば琉球王国という歴史の記憶も含まれる。地理がプレモダン、モダン、ポストモダンな要素と結びつき形成する地政学という物語が21世紀の国際関係を読み解く鍵になると思う。

 

 

以上です。

 

 

ではでは。

 

今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

どうか車の運転は安全第一でお願いします !!!

 

 

 

 

2016年8月6日 広島 原爆の日 〜 被爆から71年です

  • 2016.08.06 Saturday
  • 08:15

 

こんにちは

 

この夏も、そのときは静かにやってきました。

2016年8月6日 午前8時15分、広島は被爆から71年です。今、この時間にそれがしがその昔5年間お世話になった、あの瀬戸内の小さな町では市庁舎の屋上に設置されているサイレンから流れる、その大きな音は深く静かに響き渡っているでしょうか … 今年も平和記念公園には行けませんが、こころから犠牲者のご冥福を祈ります。

合掌

 

 

 

 

 

2010年8月14日 のことでした。久しぶりに訪れた平和記念公園で、こちらのご婦人はおひとりで、しかもかなりのご高齢とお見受けしましたが、その姿からひたむきさがひしひしと伝わってきました。こうしてEOSのファインダーをのぞいていたら、そっと肩をポンとたたかれたような気がして … つぎの瞬間にはシャッターを切っていました。そして、今、ふと思います、バラク・オバマの姿をご覧になられたでしょうか? ( バラク・オバマ来訪! )。

 

 

 

2016年8月1日(月) いよいよ夏本番! 今日から葉月です

  • 2016.08.01 Monday
  • 00:00

 

こんにちは

 

暑いですね、熱中症に気をつけましょう!

今日から葉月です。

 

お元気ですか?

 

こちらのチラシは我が家の壁(玄関)に張り付けてありますが、一向に減らない振り込め詐欺。昨年の被害件数は1万4千件で、なんと被害額は 476億円です。3年連続で400億円を超えています。そこで対策ですが、この張り紙にあるように、電話は今すぐ留守番電話に設定し、電話が鳴ってもすぐに出ないようにしましょう。声の録音を嫌がる犯人撃退に効果的なんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タマシギ 全長 25cm

一般的な鳥とは雌雄の役割が逆転している鳥です。一妻多夫の繁殖習性を持ち、雄が抱卵や子育てをするのです。水田など不安定な営巣環境のためか、雌は複数の雄とつがいになることで確実に子孫を残そうという生存戦略だと考えられています。写真は雌で、雄よりも派手で美しい姿をしています。東北地方南部以南の水田や湿地などで繁殖します。水中にいる昆虫や泥の中のミミズや貝などを食べます(日本野鳥の会・卓上カレンダーより)。

 

 

壁のカレンダーには、立秋 星を見る会・伝統的七夕を楽しもう 山の日 ペルセウス座流星群 県民C・中東戦争にみる教訓 狂言堂・附子、二人袴 MOTOGP・01:55Ch.4 処暑 星を見る会・火星とアンタレスの接近を見よう 二百十日 などの文字が記されています。

 

 

 

村上春樹さん、村上文学を語る 〜 2015年4月22日付 毎日新聞より

  • 2016.07.21 Thursday
  • 21:05

 

こんにちは

 

そろそろ夏本番でしょうか?

きょう現在(7月20日)ご覧のように梅雨前線は行方知れずであります ?! 

あっ、梅雨明けたん ??!! 

そして、ここ関東では震度4が続発しています、ちょっと心配になってきました。

いつでも、どこにいても、常に「逃げ道」だけはこころがけておきましょう!

 

お元気ですか?

 

 

 2016年7月20日 13:30 気象庁サイトより

 

 

 

 

さて、またまた古いネタシリーズ? その2でありますが、興味のある方はお付き合いください。今回は政治色?一切なしです、村上文学一色のインタビューでありますが

正直言って、それがしにはところどころが意味不明なり!

ぜひ、一度、読んでみてください。

なお、今回も記事全文をご紹介します。

 

 

 

 

2015年(平成27年)4月22日付 毎日新聞

 

 

 

 村上春樹さん、村上文学を語る

 

 今回、紙面の冒頭は … 物語 神話につながる とありました。 

 

 

 作家・村上春樹さんに東京都内で会い、村上文学についてインタビューした。作品を通底する物語と神話の力やデビュー作「風の歌を聴け」での新文体創造について。最近作の短編集「女のいない男たち」や長編「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」について。さらに新しい長編に向けてまで。村上さんが率直縦横に語った。

 

 「村上さんは神話を書いているんですか?」村上さんが読者の質問に答えるネットサイト「村上さんのところ」にそんな質問がある。それに対して村上さんは、世界中の神話には共通する部分が多く、言語や文化、時間の違いを超えて、意識の底の方でみんなつながっているという考えを紹介している。

インタビューし、「神話の力」について聞いてみた。

 

無意識的なもの

 

「自然な物語を書こうとするとき、最初からプランを作ってはいけないのです。森の中の獣を見るように、じっと目を凝らして、その獣の動きに従って自分の動きを作っていく。そうすると、どうしても無意識的なものにならざるをえないのです」その自然の獣の動きをじっと見るような物語の動きは、神話の動きとよく似ているという。

 

「神話は人間の集合的な潜在意識を形にしたもの。物語は僕が書く、僕の潜在意識。ところが僕の潜在意識をずっと底の方までたどっていくと、集合的な潜在意識と重なってきます。神話と個人の物語は同じではないけれど、その動きは重なる部分が多いんです。「村上さんのところ」では、米国の神話学者、ジョーゼフ・キャンベルの「生きるよすがとしての神話」「神話の力」を挙げている。「『生きるよすがとしての神話』は名著です。キャンベルにはすごく教えられるところが大きかった。世界の神話に通底したものがあるのです」と言う。

 

立体的で深い

 

「1Q84」の刊行時に出た雑誌「考える人」の村上さんへのロングインタビューでも、そのキャンベルの本を挙げており、「神話の再創成」について語っている。今、混乱する世界が新しい秩序を生み出すには世界に共通な基盤をみつけなくてはならない。神話はその基盤となり得るということなのだろう。「村上のところ」には、柴田元幸さん責任編集の雑誌「MONKEY」で、村上さんが連載している「職業としての小説家」について答えるメールもある。同雑誌の2月発売号に「小説家になった頃」という作家デビュー前後のことに触れた文が掲載されている。

 

それには第1作「風の歌を聴け」を書いた際、一度、日本語で書いたものが自分で「読んでいて面白くない」ので、その小説の出だしを試しに英語で書いたという有名なエピソードのことが詳しく述べられている。その文体実験について「外国語で書くと、シンプルな構文を使い、シンプルな言葉でなるべく短い文章で分かりやすく書かなくてはいけない。でもそれを重ねていくことによって立体的で深いものが書けることを発見した」と村上さんは言う。

 

フォークロア的

 

さらに似たような作業で自分の文体を作って書いた作家を村上さんは1人挙げている。「悪童日記」で知られるハンガリー出身の作家、アゴタ・クリストフだ。彼女はハンガリーを出てスイスに移住。ハンガリー語で書いても読まれず、フランス語を学んで書いた。「短文で、シンプルな言葉で、どんどん修飾語を捨てて書いて行くと、フォークロア的な世界になっていく。一種の神話的な世界になっていくんです。それがアゴタ・クリストフの謎めいた雰囲気にもつながっている」そして村上さんの場合は外国語を媒介にして、新しい日本語の文体を発見したということだ。

 

「僕がやりたかったことは、文芸システム言語みたいなものを一回全部洗い流し、もう一回、日本語の言葉を立ち上げて、新しい文学の言葉みたいなものを作っていくことでした」と村上さんは語った。

 

 

怒り、悲しみ 見て再生

 

 昨年(2014年)刊行された短編集「女のいない男たち」の「イエスタデイ」「シェエラザード」が米誌「ニューヨーカー」に翻訳掲載され、今年2月発売の号には「木野」も掲載された。「木野」は同短編集まえがきに「推敲に思いのほか時間がかかった」「これは僕にとっては仕上げるのがとてもむずかしい小説だった」とある作品。

 

「木野」は主人公の名前。木野がたまたま出張から1日早く戻ると、妻が自分の同僚と関係している姿に遭遇。彼はそのまま家を出て戻らず、会社も辞めてしまう。そして、東京・青山で喫茶店を経営していた伯母が店から手を引くので、彼が店を引き継ぎ、バー「木野」を開くのだ。その店で、無口な木野は静かに暮らしている。

 

ふたが開いて

 

「彼は奥さんが浮気をしても傷つかないわけです。本当は傷ついているが、自分がどれだけ傷ついているかということをうまくつかめない人。無感覚のままその後の人生を送っている人物です」深く傷つき、妻に怒りを持っていることを木野は見ないまま、ふたをしてしまっている。「でもそのふたが開いてくるんです。だんだんと。それがこの話の怖いところ」と村上さんはいう。自分がふたをしめて見なくしていたものと直面することで、人と人との関わりというものが、また大事なものとして復活してくるという物語。「その孤独。断絶感。そして一種の恐怖を経て、再生してくるんです。この再生してくることが一番大事です再生がなければ、小説として意味がないと思うのです」

 

この作品には印象的な言葉がいくつか記されている。その一つは「正しからざることをしないでいるだけでは足りないことも、この世界にはあるのです」という言葉。「傷つきを見せない、見ない木野の生き方は一見、クールで格好いいわけです。でもそれだけでは人は生きていけないのだ」と村上さんは言う。 

 

ネガティブも

 

つまり「なにかを新しくつかみ取ろうとすれば、プラスの分だけ、必ずネガティブなものが生じるんです。プラスのものを確保しようと思えば、ネガティブなものも代償行為として引き受けなくてはいけない。そうしないと、人は生きている意味がないと思う」と言う。

 

「木野」の店のまわりに、1週間に3匹もの蛇が出現するようになる。木野は伯母にそれを電話で告げるが、伯母はその店舗兼住宅に長く住んでいたが「蛇を見た覚えってないわね」と言う。そして伯母は、こんなことを木野に話すのだ。「古代神話の中では、蛇はよく人を導く役を果たしている。それは世界中どこの神話でも不思議に共通していることなの。ただそれが良い方向なのか、悪い方向なのか、実際に導かれてみるまではわからない。というか多くの場合、それは善きものであると同時に、悪しきものでもあるわけ」この伯母の言葉に対して、木野も「両義的」と応える。この2人のやりとりも実に印象的だ。

 

蛇が人を導く

 

「木野は奥さんに対して、怒りをもたなくてはいけない。本当に怒りをもって、本当に悲しむこと。それを通して木野はもう一度、再生してくる」と村上さんは言う。「ネガティブなものに対抗するためには、ポジティブなものを自分で打ち立てなくてはいけない。そのためにはネガティブなものをはっきり見なくてはいけない」蛇の出現は、そのネガティブなものを「ちゃんと見ろ」と蛇が木野に促しているようだ。ここにも村上作品の神話的なつながりがある。

 

 

基本に問題重ねたい

 

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が昨年(2014年)、米国で翻訳刊行され、米紙ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストのバードカバー・フィクション部門で一時、第1位になった。日本でも一昨年刊行され、文芸書として最速で100万部を達成した。

 

フィンランド

 

その長編の終盤近く、主人公の多崎つくるが、かつての高校時代の親友のクロ(黒埜恵理)を訪ねて、フィンランドまで行く場面がある。このフィンランド行き、村上さんの中では「冥界へ行く感じだ」という。「だから行く場所はフィンランドでなくてはいけない。アメリカでは異界という感じがしてこない。フィンランドもさらに北の方へ行くという感じが大事なんです」同作品は名古屋の高校の女2人男3人の仲良し5人組の物語。主人公つくるだけが東京の大学に進むが、大学2年生の夏休み、彼は他の4人から理由も分からないまま絶交されてしまう。つくるは深い傷を心に受けるが、絶交の理由を探ろうとはしなかった。

 

だが36歳になったつくるは自分の人生をちゃんと生きるために、その絶好の真相を知ろうと、かつての親友たちを巡礼のように訪ね歩くのだ。もう1人の女性であるシロ(白根柚木)は既に死亡。男のアカ(赤松慶)とアオ(青梅悦夫)は名古屋で生きていた。フィンランドで16年ぶりに再会したクロとつくるがハグをする感動的な場面がある。あのクロは死者とは思えなかった。

 

森の中の女性

 

「もちろんクロは生きているのですが、でもイメージとしては死んだ人、あちらの世界に行ってしまった人なんですね。シロは死者。クロもある意味では死者のほうに退いているわけです」つまり男3人だけが生きているという世界「ねえ、あなたはときどきあの二人に会った方がいいと思うの。あるいは三人で一緒に」とアカやアオと会うことをクロがつくるに勧める場面がある。「生きている人たちは生きている人同士で、きちんとお互いに結びついていなくてはいけないということなんですよ」確かに、男3人が一緒に会うとしても「私はそこに居合わせられないと思うけど」というクロの言葉も記されている。

 

フィンランドは森の国。クロも森の中にいる。そういえば「ノルウェイの森」にも森の中で死んでしまう直子と同室で暮らすレイコさんという女性がいた。レイコさんも死者の側に属しているような人だった。シロとクロ、直子とレイコさんが重なって迫ってくる。「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」も「ノルウェイの森」のように、主人公が冥界の森にいる女性を訪ねて成長し、現実社会に帰ってくる物語なのだろう。村上さんの話しを聞くうちに、多崎つくるの物語を再読したくなってきた。

 

世代的責任

 

どの村上作品を読んでも、人間には世界をもう一度作り直せる力があることが伝わってくる。「そういう、人の心にとってあくまでベーシックな小説を書いて行きたい」と村上さんは言った後、さらにこう加えた。「でもベーシックなものだけでは、なかなか伝わらないこともあるんです。原発やテロリズムの問題にしても、東アジアの問題にしても、ベーシックなものの上に、そういう問題を重ねていきたい、いかなくてはいけないという思いがあります。世代的な責任としても。あくまで気持ちとして、姿勢としてということですが」そこで次の長い物語についてきくと「そろそろ長編に取りかかろうかなという気持ちはあるという感じですね」との答えが返ってきた。(共同通信編集委員 小山鉄郎)

 

 

以上ですが、いかがでしたか?

 

今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

梅雨はまだ明けてはいないようですね、車は安全第一でお願いします !!!

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM