今日の一冊 〜 「九十歳。 何がめでたい」 佐藤愛子

  • 2017.02.16 Thursday
  • 22:46

 
こんにちは。

 

本日(2月16日 16時20分)、福岡管区気象台は九州北部地方で春一番が吹いたと発表しました。

はい、関東は明日みたいです。

お〜ぃ、春一番や〜ぃ!

いらっしゃいませ!

待ちに待った、春一番であります!

 

お元気ですか?

 

さっそくですが、先日、いつもの本屋さんでみつけましたね、本を読みながらこれほど笑ったのはほんとに久しぶりでした。

自信をもってお薦めします。

 

 

 

 

 

 【今日の一冊】

 

  九十歳。何がめでたい

   佐藤愛子

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらがもくじです(全29作品)。

こみ上げる憤怒の孤独/来るか? 日本人総アホ時代/老いの夢/人生相談回答者失格/二つの誕生日/ソバプンの話/我ながら不気味な話/過ぎたるは及ばざるが如し/子供のキモチは/心配性の述懐/妄想作家/蜂のキモチ/お地蔵さんの申子/一億論評時代/グチャグチャ飯/覚悟のし方/懐かしいいたずら電話/想い出のドロボー/想い出のドロボー(承前)/悔恨の記/懐旧の春/平和の落し穴/老残の悪夢/いちいちうるせえ/答えは見つからない/テレビの魔力/私なりの苦労/私の今日この頃/おしまいの言葉

以上です。

 

 

ここでひとつだけ、ご紹介しましょう(それがし、少々身につまされましたが、最後のひと言が印象的でありました)。

 

 

 

おしまいの言葉

 

 二十五歳で小説なるものを書き始めてから今年で六十七年になります。私の最後の長編小説「晩鐘」を書き上げたのは八十八歳の春でその時はもう頭も身体もスッカラカンになっていて、もうこれで何もかもおしまいという気持ちでした。今まで何十年も頑張ってきたのだから、この後はのんびりと老後を過ごせばいいと友人からもいわれ、自分もそう思っていました。

 

 ところがです。愈々「のんびり」の生活に入ってみると、これがどうも、なんだか気が抜けて楽しくないのです。仕事をしていた時は朝、目が醒めるとすぐにその日にするべき仕事、会うべき人のことなどが頭に浮かび、「さあ、やるぞ! 進軍!」

 といった気分でパッと飛び起きたものでした。しかし、「のんびり」の毎日では、起きても別にすることもなし・・・という感じで、いつまでもベッドでモソモソしている。つまり気力が籠らないのです。

 

 仕事をやめれば訪ねて来る人も急に絶えます。大体が人づき合いのいい方ではないので、自分の方から人を訪ねようという気もなく、それよりも気の合った人はみな、「お先に」ともいわずにさっさとあの世に行ってしまって、ちらほら残っている人はやれ脚が折れたとか、癌らしいとか、認知症の気配がある、などというありさま、誰とも会わず、電話もかからず口も利かずという日が珍しくなくなりました。 

 

 娘一家が二階にいるけれど、向こうには向こうの生活もあり、階下のばあさんがどうしているか、生きてるか死んでるか、浴槽に死体になって浮かんでやしないかなどと心配するような孝行娘ではないので、用事がない限りは降りて来ない。といって、こっちから二階までエッチラオッチラ安普請の、むやみに段差の高い階段を上がっておしゃべりをしに行くほどの話題といって別になし、お互いに見飽きた顔ではあるし、それにあまりに長い年月、私は仕事一筋に明け暮れていたため、生活のリズムが普通ではなくなっていて、従ってソッチはソッチ、コッチはコッチ、という暮らし方が定着してしまったのです。

 

 週に二日、家事手伝いの人が来てくれるほかは、私は一人でムッと坐っている。べつに機嫌が悪いというわけではないのだが、わけもなく一人でニコニコしているというのもヘンなもので、自然とムッとした顔になるのです。本を讀めば涙が出てメガネが曇る。テレビをつければよく聞こえない。庭を眺めると雑草が伸びていて、草取りをしなければと思っても、それをすると腰が痛くなってマッサージの名手に来てもらわなければならなくなるので、ただ眺めては仕方なくムッとしているのです。

 そうしてだんだん、気が滅入ってきて、ご飯を食べるのも面倒くさくなり、たまに娘や孫が顔を出してもしゃべる気がなくなり、ウツウツとして「老人性ウツ病」というのはこれだな、と思いながら、ムッと坐っているのでした。

「女性セブン」のKさんが訪ねて来たのはそんな時でした。用件はエッセイ連載の依頼です。

 連載? 週刊誌の連載といえば締切は毎週ではないか。

 

 

 それは今の私には無理だと思いました。

「もう私も九十歳をすぎましたからね。これからはのんびしようと思ってるんですよ」

 一応、そういいましたが、その「のんびり」のおかげで、ウツ病になりかけているんじゃないか、という思いが頭の隅っこにパッパパと明滅したのでした。

 そんなこんなで隔週ならば、という条件で書くことになったですが、タイトルの「九十歳。何がめでたい」はその時、閃いたものです。ヤケクソが籠っています。

 

 

 そうしてこの隔週連載が始まって何週間か過ぎたある日、気がついたら、錆びついた私の脳細胞は(若い頃のようにはいかないにしても)いくらか動き始め、私は老人性ウツ病から抜け出ていたのでした。

 私はよく讀者から「佐藤さんの書いたものを讀むと勇気が出ます」というお便りを貰います。書くものはたいしたものじゃないけれど、「勇気の素」みたいなものがあるらしいんですね。しかしこの秋には九十三歳になる私には、もうひとに勇気を与える力はなくなりました。なくなった力をふるい起すために、しばしば私はヤケクソにならなければなりませんでした。ヤケクソの力で連載はつづき、そのおかげで、脳細胞の錆はいくらか削れてなくなりかけていた力が戻って来たと思います。人間は「のんびりしよう」なんて考えてはダメだということが、九十歳を過ぎてよくわかりました。

 

 女性セブンさま。有難うございました。

 讀者の皆さま、有難う。ここで休ませていただくのは、闘うべき矢玉が盡きたからです。決してのんびりしたいからではありませんよ。

 

   2016年 初夏    

 

                            佐藤愛子

 

 

 

 

 

佐藤愛子(さとう・あいこ)

大正十二年大阪生まれ。甲南高等女学校卒業。昭和四十四年『戦いすんで日が暮れて』で第六十一回直木賞、昭和五十四年『幸福の絵』で第十八回女流文学賞、平成十二年『血脈』の完成により第四十八回菊池寛賞、平成二十七年『晩鐘』で第二十五回紫式部文学賞を受賞。エッセイの名手としても知られ、近著に『孫と私の小さな歴史』や『役に立たない人生相談』がある。(本書より)

 

 



ではでは。



今日も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
明日?春が来ますよ〜!

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM